iPS細胞

山中教授
iPS細胞作製までの研究プロセス

iPS細胞の可能性について、熱い期待が寄せられていますが、ここでは、ips細胞を世界で初めて開発した京都大学、山中伸弥教授の人柄と、研究プロセスについて記していきます。

2014年01月07日|万能細胞とは|

人工多能性幹細胞(iPS細胞)

2006年、ある研究結果の発表に世界中が衝撃を受けました。京都大学の山中教授が、マウスの繊維芽細胞のゲノムに4つの遺伝子を付け加えるという方法で、体細胞を、ES細胞と同様に多能性をもつ細胞に変えることに成功したのです。これが人工多能性細胞(induced pluripotent stem cell)iPS細胞です。

2014年01月06日|万能細胞とは|

たった一つの受精卵から始まる人間

―人間の体は60兆個の細胞からできている―
精巧に作られた私達人間の体は、複雑な組織や臓器は美しい皮膚で覆われ、日常生活する中では特に意識することなく生活できるようになっています。私達が意識するしないに関わらず、約60兆個の細胞が休むことなく営みを続け、それぞれの役割を果たし、それによって私達は生きています。

食べ物を食べる、栄養分を吸収する、尿を排泄する、心臓が血液を送り出す、体内の温度があがり、汗腺から汗を出す、口から息を吸って、肺で呼吸をする。私達が頭の中でどのように考えて生きようが、特に命令をしたわけでもないのに、このような一つ一つの活動をそれぞれの細胞が助け合って体を生かしています。

2014年01月02日|万能細胞とは|

最先端治療のキーテクノロジー
DDS×iPS細胞

2006年8月に「iPS細胞(人工多能性幹細胞)の作製が発表されて以来、iPS細胞の研究は、医療分野での実用化に向けて驚異的なスピードで進められています。このiPS細胞を医療に実用化する上でも、DDSの技術は非常に重要な役割を果たします。以下の記事はDDSとiPS細胞との関わりについての記述です。

2014年01月01日|DDSとは|