iPS細胞

脳の再生

脳は、感情・思考・生命維持、その他一切の神経活動を統率する役割を担っています。ここでは脳の働きについて見ていきます。

2014年01月22日|再生医療|

目の再生

人間の情報の8割は目から入ってくると言われています。そのため、視力を失うと生活そのものが多大な影響を受けます。ここでは目の再生について見ていきます。

2014年01月20日|再生医療|

神経の再生

1920年代から「損傷した中枢神経は再生しない」という説が長い間信じられてきました。しかし近年、神経科学が発展し、その概念は覆されています。ここでは神経の再生について見ていきます。

2014年01月19日|再生医療|

肝臓の再生

ここでは肝臓の再生について解説します。

2014年01月16日|再生医療|

心臓の再生

2012年の統計で、日本人の死因で多いのは、1位がん36万人、2位心臓病19万人、3位が肺炎12万人、4位が脳血管疾患12万人、この4つで全体の6割を占めています。ここでは心臓病の再生医療に焦点をあてます。

2014年01月15日|再生医療|

骨の再生

骨は、人間の体において、体の保護、姿勢の維持、筋肉を用いた運動など、様々な役割を担っています。一見固くてじっとしているように見えますが、活発に新陳代謝をしていて、一定の量が保たれています。骨折が自然に治癒するのはこの再生能力によるものです。骨がかけた場合には自分の別の部位から骨を持ってきて移植する自家移植ができますが、広範囲にわたる場合は自分の骨で賄うことが難しいので、再生医療の技術を用います。

2014年01月14日|再生医療|

再生医療について

トカゲのしっぽが再生する現象をヒトで誘導し、治療に役立てようとする試みが、再生医療です。ここでは再生医療の概念について詳しく解説します。

2014年01月12日|再生医療|

iPS細胞で絶滅動物が復活?

iPS細胞やES細胞は、単体では個体にまで成長することはできません。胎盤にはなることができないからです。しかし精子や卵子になることはできるのです。この性質を使って、人間の環境破壊によって絶滅しかかっている動物の種を保存し、残すという試みが行われています。

2014年01月10日|万能細胞とは|

iPS細胞が変える再生医療

人の皮膚から細胞を取り出して、iPS細胞をつくり、その人の臓器をつくって本人に移植する―SF映画では臓器を透明の容器で培養している様子がよく出てきますが、このように3Dの臓器を作製して治療に活かすようになるのは、もう少し先の話になりそうです。しかしその手前の、iPS細胞を細胞のまま移植するという治療法が、近いうちに実現しようとしています。

2014年01月09日|万能細胞とは|

iPS細胞が変える創薬

iPS細胞は次世代の再生医療・移植医療に革命を起こす技術として期待されていますが、研究段階から、実際に現場で人々が医療を受けられるようになるまでには、安全性の確認など、まだやるべきことは多くあり。その中でも医療よりも先に実用化されることが確実なのが、新薬を作り出す創薬の分野です。

2014年01月08日|万能細胞とは|