DDSとは

神経の再生

1920年代から「損傷した中枢神経は再生しない」という説が長い間信じられてきました。しかし近年、神経科学が発展し、その概念は覆されています。ここでは神経の再生について見ていきます。

2014年01月19日|再生医療|

膵臓の再生

食べ物の消化や血糖値をコントロールしている膵臓。この臓器の機能不全で困っている人は多くいます。ここでは膵臓の働きについてみていきます。

2014年01月18日|再生医療|

心臓の再生

2012年の統計で、日本人の死因で多いのは、1位がん36万人、2位心臓病19万人、3位が肺炎12万人、4位が脳血管疾患12万人、この4つで全体の6割を占めています。ここでは心臓病の再生医療に焦点をあてます。

2014年01月15日|再生医療|

骨の再生

骨は、人間の体において、体の保護、姿勢の維持、筋肉を用いた運動など、様々な役割を担っています。一見固くてじっとしているように見えますが、活発に新陳代謝をしていて、一定の量が保たれています。骨折が自然に治癒するのはこの再生能力によるものです。骨がかけた場合には自分の別の部位から骨を持ってきて移植する自家移植ができますが、広範囲にわたる場合は自分の骨で賄うことが難しいので、再生医療の技術を用います。

2014年01月14日|再生医療|

血管の再生

成人の血管は、まっすぐにつなげると、およそ10万kmの長さになります。血管は通常、成人になってから伸びることはありません。各臓器に酸素や栄養素を運ぶものが動脈、臓器から二酸化炭素や老廃物を運ぶものが静脈です。ストレス、粗悪な食生活、運動不足、喫煙など、乱れた生活習慣が続くと血流が悪くなり、さらに状態が悪化すると、血管が詰まってしまいます。。脳の血管がつまると脳梗塞、心臓の血管がつまると心筋梗塞となり、血液が行き届かなくなるので組織の細胞が死んでしまいます。こういったことが起きないために、生活習慣は絶えず見直す必要があります。

2014年01月13日|再生医療|

皮膚の再生

皮膚の再生医療は約30年前から行われており、再生医療の先がけといえます。皮膚の細胞は大量に培養ができるので、本人の皮膚細胞をとって培養し、再び本人に戻す、という再生医療のモデルがすでに確立しています。

2014年01月12日|再生医療|

再生医療について

トカゲのしっぽが再生する現象をヒトで誘導し、治療に役立てようとする試みが、再生医療です。ここでは再生医療の概念について詳しく解説します。

2014年01月12日|再生医療|

iPS細胞が変える創薬

iPS細胞は次世代の再生医療・移植医療に革命を起こす技術として期待されていますが、研究段階から、実際に現場で人々が医療を受けられるようになるまでには、安全性の確認など、まだやるべきことは多くあり。その中でも医療よりも先に実用化されることが確実なのが、新薬を作り出す創薬の分野です。

2014年01月08日|万能細胞とは|

最先端治療のキーテクノロジー
DDS×iPS細胞

2006年8月に「iPS細胞(人工多能性幹細胞)の作製が発表されて以来、iPS細胞の研究は、医療分野での実用化に向けて驚異的なスピードで進められています。このiPS細胞を医療に実用化する上でも、DDSの技術は非常に重要な役割を果たします。以下の記事はDDSとiPS細胞との関わりについての記述です。

2014年01月01日|DDSとは|

皮膚から薬を吸収させる
DDS 経皮投与

薬には飲み薬だけではなく、貼り薬もあります。ドラッグデリバリーシステムでは、皮膚から体内へ薬を取り込む方法も研究されてきました。皮膚から薬を入れると、肝臓を通らずに、つまり肝臓によって排毒されずに、体内に取り込むことができるため、注目されています。

2013年12月30日|DDSとは|