再生医療

目の再生

人間の情報の8割は目から入ってくると言われています。そのため、視力を失うと生活そのものが多大な影響を受けます。ここでは目の再生について見ていきます。

2014年01月20日|再生医療|

膵臓の再生

食べ物の消化や血糖値をコントロールしている膵臓。この臓器の機能不全で困っている人は多くいます。ここでは膵臓の働きについてみていきます。

2014年01月18日|再生医療|

腎臓の再生

腎臓の機能を失い、人工透析を行っている患者は日本で30万人。腎臓は最も再生が待ち望まれている臓器のひとつです。ここでは腎臓の働きについて見ていきます。

2014年01月17日|再生医療|

骨の再生

骨は、人間の体において、体の保護、姿勢の維持、筋肉を用いた運動など、様々な役割を担っています。一見固くてじっとしているように見えますが、活発に新陳代謝をしていて、一定の量が保たれています。骨折が自然に治癒するのはこの再生能力によるものです。骨がかけた場合には自分の別の部位から骨を持ってきて移植する自家移植ができますが、広範囲にわたる場合は自分の骨で賄うことが難しいので、再生医療の技術を用います。

2014年01月14日|再生医療|

血管の再生

成人の血管は、まっすぐにつなげると、およそ10万kmの長さになります。血管は通常、成人になってから伸びることはありません。各臓器に酸素や栄養素を運ぶものが動脈、臓器から二酸化炭素や老廃物を運ぶものが静脈です。ストレス、粗悪な食生活、運動不足、喫煙など、乱れた生活習慣が続くと血流が悪くなり、さらに状態が悪化すると、血管が詰まってしまいます。。脳の血管がつまると脳梗塞、心臓の血管がつまると心筋梗塞となり、血液が行き届かなくなるので組織の細胞が死んでしまいます。こういったことが起きないために、生活習慣は絶えず見直す必要があります。

2014年01月13日|再生医療|

皮膚の再生

皮膚の再生医療は約30年前から行われており、再生医療の先がけといえます。皮膚の細胞は大量に培養ができるので、本人の皮膚細胞をとって培養し、再び本人に戻す、という再生医療のモデルがすでに確立しています。

2014年01月12日|再生医療|

再生医療について

トカゲのしっぽが再生する現象をヒトで誘導し、治療に役立てようとする試みが、再生医療です。ここでは再生医療の概念について詳しく解説します。

2014年01月12日|再生医療|

iPS細胞が変える再生医療

人の皮膚から細胞を取り出して、iPS細胞をつくり、その人の臓器をつくって本人に移植する―SF映画では臓器を透明の容器で培養している様子がよく出てきますが、このように3Dの臓器を作製して治療に活かすようになるのは、もう少し先の話になりそうです。しかしその手前の、iPS細胞を細胞のまま移植するという治療法が、近いうちに実現しようとしています。

2014年01月09日|万能細胞とは|

人工多能性幹細胞(iPS細胞)

2006年、ある研究結果の発表に世界中が衝撃を受けました。京都大学の山中教授が、マウスの繊維芽細胞のゲノムに4つの遺伝子を付け加えるという方法で、体細胞を、ES細胞と同様に多能性をもつ細胞に変えることに成功したのです。これが人工多能性細胞(induced pluripotent stem cell)iPS細胞です。

2014年01月06日|万能細胞とは|
  • ES細胞に立ちはだかる「免疫」と「倫理」の壁
    Permalink ES細胞に立ちはだかる「免疫」と「倫理」の壁Gallery

    ES細胞に立ちはだかる
    「免疫」と「倫理」の壁

ES細胞に立ちはだかる
「免疫」と「倫理」の壁

万能性を有しているES細胞ですが、1998年の「ヒトのES細胞」の発表以来、様々な議論を巻き起こし、実用化に向けて、2つの大きさ課題が明らかになってきました。この記事ではこの2つの壁について解説します。

2014年01月04日|万能細胞とは|