がん

血管の再生

成人の血管は、まっすぐにつなげると、およそ10万kmの長さになります。血管は通常、成人になってから伸びることはありません。各臓器に酸素や栄養素を運ぶものが動脈、臓器から二酸化炭素や老廃物を運ぶものが静脈です。ストレス、粗悪な食生活、運動不足、喫煙など、乱れた生活習慣が続くと血流が悪くなり、さらに状態が悪化すると、血管が詰まってしまいます。。脳の血管がつまると脳梗塞、心臓の血管がつまると心筋梗塞となり、血液が行き届かなくなるので組織の細胞が死んでしまいます。こういったことが起きないために、生活習慣は絶えず見直す必要があります。

2014年01月13日|再生医療|
  • 光を当てるだけでがんが治る!?外部刺激を活用したDDS
    Permalink 光を当てるだけでがんが治る!?外部刺激を活用したDDSGallery

    光を当てるだけでがんが治る!?
    外部刺激を活用したDDS

光を当てるだけでがんが治る!?
外部刺激を活用したDDS

薬は患部でのみ効果を発揮することが理想ではありますが、コントロールリリースにしろ、ターゲティングにしろ、体内の薬の動きを制御するには限界があります。薬を輸送する途中で溶けて中身が出てもいけないし、溶けにくい材料で作ると患部で薬の効果が発揮できません。溶けないことが重要、溶けることも重要というのが、DDSの材料の特徴ですが、体の中に入ったDDS製剤の動きを、何から何まで正確にはコントロールできません。そこで、別の方法論として、光や超音波、温度、磁力などを体の外部から当てて刺激するという方法も研究されています。

2013年12月29日|DDSとは|